板金加工

ENSIS-3015RIカタログ閲覧

平板パイプ兼用ファイバーレーザマシン

変種変量ファイバーレーザENSISシリーズに平板・パイプ(形鋼)兼用レーザが新登場

ENSIS-3015RI

アマダ独自のビーム制御技術を持ったENSISシリーズにパイプ・形鋼を高精度に加工可能なロータリーインデックスを搭載。

平板の全領域とパイプ・形鋼までオールマイティに加工できるENSIS-RIが、変種変量生産にベストな環境をご提供いたします。

■ 特長① 1台で薄板・厚板・パイプ全てを加工可能
ファイバーレーザの省エネ性能は活かしながら、アマダ独自のENSISテクノロジーによる無段階のビームコントロールで薄板から厚板、パイプ形鋼までフルレンジで安定加工が可能です。
■ 特長② ロータリーインデックスの更なる進化
サポートチャック同期&同時4軸制御で高速・高品位加工を実現
またサポートチャックがメカ的に締め付けてパイプ自体のねじれを矯正し、丸パイプでのスリップも防止可能なため、高精度加工やキズ軽減の高品位加工が実現します。4軸を同時制御、角パイプのコーナー高速安定加工を実現します。
■ 特長③ パイプ・形鋼の更なる高精度加工
タッチプローブ機構の搭載で母材の精度ばらつきを補正
タッチプローブにより加工点近傍でパイプ・形鋼の測定が可能となりました。端面位置を測定し長尺パイプのねじれを補正しセンター基準で加工することが可能です。また、フランジ等基準面からの位置を補正し図面指示をより高精度に加工することが実現しました。
■ 特長④ イージーオペレーション
平板加工モードとパイプ加工モードの切替はNC装置AMNC 3iで簡単切替。

スペック詳細

 

早送り速度(m/min)
X:Y:Z

最大加工範囲(mm)
X×Y×Z

発振器
(複数掲載は選択式)

最大加工板厚
(mm)

ENSIS-3015RI

120:120:80

3070×1550×200

アマダ ENSIS-3000
(定格出力:3kW)

軟鋼:(酸素切断)
22.0(ENSIS-3000)

ステンレス鋼板:(高圧窒素切断)
12.0(ENSIS-3000)

パイプ・形鋼の加工範囲

種類

RI加工範囲(最小~最大 mm)

最大加工質量(kg)

最大加工素材長さ(mm)

パイプ

丸パイプ

○ 19~220

200

6000

角パイプ(等辺/不等辺)

□ 19~150

長角パイプ

外接円φ220以下

形鋼

アングル(等辺/不等辺)

19~90

チャンネル・軽量溝形鋼

┗┛19~150

備考

パイプ・形鋼はつかみ換え機能により6000mmまで加工可能(最終つかみ代218mmは加工不可)。

※この商品は日本国内向けです。
※詳細については、お問い合わせください。