商品情報

テクニカル情報

レーザマシン情報はこちら

CO2レーザ発振器では、レーザガスが充填された発振器内で励起されたレーザ光を出力ミラーから取り出し、複数の反射ミラーで加工ヘッドまで伝送していました。

ファイバーレーザ発振器では、発振部分に空間共振器を持たないモノリシック構造になっており、複数ユニットから出力されるパワーを1本の光ファイバーにまとめて加工ヘッドまで伝送しています。

① エネルギー効率3倍

高エネルギー変換が可能となり、エネルギー効率はCO2レーザに比べ3倍、電力消費量を大幅に削減。暖気運転やレーザガスが不要で、ランニングコストを約70%以上カット。

電気代はCO2の約1/3

② 待機時消費電力約1/5

CO2レーザは放電準備と冷却のため、待機時でも常に23kW程度の電力を消費。それに対しファイバーレーザ発振器は、キースイッチを入れると1秒未満での発振が可能で、待機時の消費電力は4.5kW程度に。

③ メンテナンス費用大幅削減

ファイバーレーザ発振器内には、発振のための光学系部品がないため、それらの経年劣化によるクリーニング、交換などのメンテナンスが不必要。長年使用することにより、その差は大きなものに。

① 優れた集光性

ファイバーレーザのBPPは、CO2に比べ60~70%と優れており、より小さな集光径が得られるため、高速加工やひずみの少ない加工が可能に。

 CO2ファイバー
BPP
(mm : mrad)
5.5~9.03.0~5.0
最少集光径0.2~0.40.1~0.2

② ビーム吸収率アップ

ファイバーレーザは、CO2レーザに比べて波長が小さく、高反射材である銅のビーム吸収率も高くなるため、加工が可能に。

■ ビーム吸収率

 CO2ファイバー
軟鋼12%35%
アルミ2%7%