商品情報

テクニカル情報

FLWシリーズ情報はこちら

① キーホール(貫通)溶接

局部的に高いパワー密度での入熱が可能であるため、溶接部のひずみや焼けが低減できる。

■ 羽根車
・出力 : 6kW
・材質 : SUS304
・板厚 : 3.0+10.0+3.0mm

3次元CADデータを活用することにより、他の溶接手法ではできない加工を可能としている。

② 曲げRに匹敵するようなビート

レーザビームクオリティが高いファイバーレーザは、高品質な溶接を可能としている。

■ 半導体装置部品
・出力 : 1.2kW
・材質 : SUS430
・板厚 : 1.2mm

① アルミ材の溶接


Tig溶接

ファイバーレーザ溶接

レーザビームクオリティが高いファイバーレーザとビームウィービング機構により、酸化皮膜除去と地金の溶融を同時に行えるため、アルミ材も容易に加工できる。

■ 溶接比較
・出力 : Tig溶接 80A / ファイバー溶接 4kW
・材質 : A5052
・板厚 : 1.5mm

② 異種金属の溶接


C1100+SUS304/貫通溶接

C1100+SUS304/突合せ溶接

局部的に高いパワー密度での入熱が可能であるため、特性が異なる素材でも溶接ができる。
※ 融点が大きく異なる素材は難しい場合がある

■ ヒートパイプ
・出力 : 2kW
・材質 : C1100+SUS304
・板厚 : 2.0+3.0mm

■ 突合せ溶接
・出力 : 1.5kW
・材質 : C1100+SUS304
・板厚 : 1.0+1.0mm

③ 銅材の溶接

レーザビームクオリティが高く、短波長であるファイバーレーザの特徴を生かすことにより、高反射材の溶接ができる。

■ 銅放熱板
・出力 : 4kW
・材質 : C1100
・板厚 : 2.0+2.0+2.0mm

従来の工法 : ろう付け
・炉のサイズによって加工の制約がある
・強度が弱く、高コスト

① NC自動焦点制御

NC自動焦点制御はAMNCの加工条件ファイルに従って、ヘッド内の焦点レンズを上下に駆動させビーム成形を行うことで、深い溶け込みや滑らかなビードなど、多様な要求品質にあった加工ができる。

② ビームウィービング機構


従来のロボットウィービングと異なり、レーザビームが高速回転したヘッド内の光学部品を透過することで、機械自体に負荷をかけずに幅の広いビードが得られる。

③ フィラーユニット


フィラー供給装置

隙間のあるR部の継手も高品質に加工

可動式フィラーノズル

積層やすみ肉、隙間の充填など、ワイヤーを使用した加工では、ワイヤー供給量と入熱をコントロールし、ビームウィービング機構やロボットウィービングを併用することで最適な溶接ができる。